RPG

全世界2500万DLの人気ファンタジーRPG「アートオブコンクエスト」

「アート・オブ・コンクエスト」は、拠点で資源や兵士を増やし領地を広げていく探索型ストラテジーゲーム。

ストラテジーゲームというと複雑で何をしたらいいかわからなくなる場合が多いが、本作は3DRPGのように冒険しながら領地を広げていくので初心者にもわかりやすくオススメしたい。

バトルではユニットを配置して英雄による必殺スキルを発動させて戦うセミオートバトルで、どの英雄のスキルを使うなどの戦略性も楽しめる。

初期の3人の英雄ユニットには、中村悠一さん・杉田智和さん・釘宮理恵さんを起用していてバトルやフィールドでのボイスの種類も豊富。

 

  

概要

フィールド内を自由に移動できる

プレイヤーはフィールド内を自由に馬で移動でき、敵を倒して資源を回収することが探索の目的となる。

赤いサークルに囲まれているのが敵で、青や緑色が取得可能な装備とひと目でわかるように設定されている。

敵の近くに木材やお金などの資源が落ちていることが多いので、倒したらタップして回収しよう!

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

兵士と英雄の2種類のユニット

敵と戦うバトルでは兵士と英雄の2つのユニットを配置して開始となる。

兵士には槍兵・弓兵・騎兵などの種類があり、それぞれ戦うのに得意な距離があるぞ。

英雄ユニットは溜まったゲージを使った必殺スキルの発動も可能で、強力な範囲攻撃や味方の回復などができる

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

「アート・オブ・コンクエスト」は、ファンタジーな世界の探索を冒険感覚で楽しめる。

本拠地である『領地』にさまざまな施設をつくり、自分の軍勢を強くしながら次の探索を進めていく。

フィールドマップでまだ見ぬ新たなエリアに入る場合は、ドラクエの橋を越える感覚に似ている。当然敵も強くなり獲得できる資源やアイテムもよりいいものになっていく

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

自国の領地で施設を増やそう

拠点となる領地にはシンボルとなる城があり、城内にはいろいろな施設を建造することができる。

時間経過で各資源を生産してくれるものや、新たな兵士獲得の為の訓練施設や研究施設、城門や倉庫などさまざまなものが設置可能だ。

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

兵士ユニットをアップグレード

領地では槍兵・弓兵・騎兵など各兵士ユニットの訓練が可能な施設をつくることができる。

さらに兵士ユニットの研究をすることで、より強い兵士へとジョブチェンジ可能なアップグレードをすることもできるのだ。

負傷した兵士ユニットは病院で治療ができるのも特徴的で面白い

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

ゲームの流れ

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

ゲームを開始すると、所属する国家を選択することになる。

日本のサービスイン用に用意された国が最初はオススメのようだ。

 

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

次に3人の英雄の中から1人を選択しよう。

選んだ以外の英雄は、あとで仲間になるようなのでまずは好みで決めてOKだ。

 

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

初期3人のうちの1人、天才魔法使いのアヴリルは氷魔法が得意だ。

魔法で範囲内の敵を凍らせて動けなくしダメージも与える。

 

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

英雄たちにはフィールドや報酬でもらった武器を装備させる事が可能だ。

近接系や魔法職で装備できる種類は違うが、ゲットしたら積極的に装備させよう。

 

アート・オブ・コンクエスト レビュー画像

フィールドにはボスモンスターも存在している。

見事倒すとたくさんの資源やレアな装備などがもらえる

レビュー、口コミ

ストラテジーゲームとファンタジーRPGをうまく融合させていて面白い。

序盤はマルチプレイ部分よりソロプレイで領地や戦力を充実させることが多くなってしまいがちだ。

拠点の施設の建造予約など、テンポよくゲームが進められるシステムがあってイイ。